カテゴリー「ミシン紹介」の2件の記事

2009年6月19日 (金)

ミシンメンテ講習会!

Dsc_7071_313

『綺麗な仕上げは良い手入れから!』

ということで、本日はミシンメンテナンスの講習会。

お世話になっているJUKIの営業担当の方に来社いただき

ミシンの正しい使用方法やお手入れを全員で教わりました。

 

Dsc_7067_312

まずは、作業中に一番良く使う本縫いミシンのお手入れ。

針板の裏の部分は最もゴミや埃が溜まりやすく、大事な

とこなのに意外と手入れされていないとのご指摘・・・。(゚ー゚;

 

Dsc_7093_318

スタッフの一人から「時々針上部から油がにじむのですが・・・。」

という質問に↑のこの部分に油の調節つまみがあることを

初めて教わり、みんな一斉に「エッ、そうなの・・・!」の声。

 

Dsc_7081_316

次にロックミシンのお手入れ。

恥ずかしながら、このカバーを外したとこに見えるあの大きな

ボタンを押せば”かがり幅の調節”ができることを初めて知りました・・・。

 

Dsc_7074_315

お次は”すくいミシン”のお手入れ。

「手入れする時はこのカバーは外すこと!」だそうです・・・。

 

Dsc_7091_317

最後はジャケットの袖釦の飾りに使用する”切羽つけミシン”。

大きな釜の外し方を丁寧に教わりました。

 

以上のようにいつも使っている手慣れたミシンでありながら、

間違った使い方だったり、調節方法を知らなかったり、

メンテナンスもひとそれぞれだったりと、全然使いこなせて

いないことがわかりました・・・。(/ー\*)

パソコンなんかも意外とそう・・・。

バージョンUPする前に使える機能を使いきってますか?

・・・っと自問自答してみたのでした。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

デニム専用ミシン!

Dsc_6122_226

デニム専用ミシンとして工場をはじめ直営店でも重宝している

のが↑ドイツのパフ社製ミシン。

造りはいたってシンプルながらこれがなかなか使い易い!

股部分などの重なり合った分厚い箇所もスイスイ縫い上げて

くれて、デニムや革製品のお直しには必需品となってます。

”送り釜”と呼ばれるシステムで上下がずれることなく噛み合って

進んでくれるので、縫い直しがなく綺麗なステッチになるのがウリ。

ドイツ製のため発注から約3週間かかりますが、待ってでも

手に入れたいミシンランキング 第一位!(主観です・・・)

そして何より、上部に咲いた綺麗なお花が疲れた心を癒してくれる

というありがたい効果あり!(笑)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)